【活動報告・買って応援プロジェクト】東日本大震災からの【真の復興】を目指す!三陸の牡蠣を応援するプロジェクト

活動報告

買って応援!プロジェクト

2014年シーズン お申込み件数:1,414件(金額8,278,500円)のお申込みをいただきました。 

2015年シーズン お申込み件数:501件(金額3,729,500円)のお申込みをいただきました。

申込み受付は、2015年10月で終了しております。 参考のために、募集時の情報を掲載しています。

三陸かきの現状 生産再開、そして出荷再開へ

 2011年3月11日に発生した東日本大震災により、三陸沿岸部の牡蠣養殖場、作業場、牡蠣処理施設など、はほとんど津波で流され壊滅的な被害を受けました。

震災直後、全国の皆様からの温かいご支援を初めとして、その後の国や自治体のご支援により牡蠣養殖は再開し、浜の再建も進んできています。港の集約化のため浜によって復旧状況に差がありますが多くの産地で牡蠣の出荷が再開され、生産量は震災前の40%前後ほどまでに回復してきており、2014年秋以降のシーズンには80%以上程度まで回復する見込みです。

三陸かきの現状 販売量が回復できていない

震災直後の被災地応援機運が減少した現在、震災から丸2年 出荷ができずにいる間に、外国産もふくめ他の産地の牡蠣が三陸牡蠣の市場を奪うかたちになり三陸の牡蠣業界は、新規参入と同じようなイチからの販路開拓を迫られています。生産・出荷量が増えていっても販売量が追い付いていないため「生産調整」(出荷できるものも出荷できない)するケースも出ています。
また検出が全くなくても風評被害が残っています。このままでは、生産量が回復しても、販売量が回復しないため、三陸牡蠣産業の復興が危ぶまれています。

「生産」と「販売」の車の両輪が揃ってこそ、復興への道のりを走ることができる!

牡蠣オーナー制度の新たな形

生産品を買うことで産地を支える

当プロジェクトでは、販路づくり、新たな販売の形として「予約販売」による買って応援プロジェクトを始めました。

「故郷だから」「ボランティアで行ったことがあるから」「以前食べて美味しかったから」等理由はいろいろ、応援したいエリアをお選びいただけます。

産地を分けさせていただいたことで、以前の「復興かきオーナー」よりもきめ細かくご対応が可能になります。

予約注文のお申込みについて

買って応援オーナーの予約分の受付は、終了いたしました。

通常のご注文は、現在、旨い牡蠣屋で承っております。(時期により取扱終了の場合もございます)

 

▼別ウインドーで開きます

・海鮮直送 旨い!牡蠣屋ホームページ

三陸山田湾産 殻付牡蠣 (岩手県山田町)

三陸広田湾産 殻付牡蠣 (岩手県陸前高田)
三陸赤崎産 殻付牡蠣 (岩手県大船渡) 

三陸唐桑産 殻付牡蠣 (宮城県気仙沼)
三陸志津川産 殻付牡蠣 (宮城県南三陸)
三陸雄勝産 殻付牡蠣 (宮城県石巻)

三陸小網倉浜産 殻付牡蠣 (宮城県石巻・牡鹿半島)

ご予約受付期間

大船渡赤崎

受付終了 三陸牡蠣 買って応援 「がんばっぺ!岩手」 岩手産殻付牡蠣セット


買って応援 宮城セット

受付終了 三陸牡蠣 買って応援「がんばらいん!宮城」 宮城産殻付牡蠣セット


買って応援 宮城セット2

受付終了 三陸牡蠣 買って応援 「負けねど!宮城」 宮城産殻付牡蠣セット

 

 

お申込状況
生産者応募
復興かきをまだ受け取っていないオーナー様はご連絡下さい
齋藤浩昭のtwitter
齋藤浩昭のブログ
  • 齋藤浩昭ブログ

Copyright © 2011 株式会社アイリンク

プロジェクト報告結果 応援メッセージ