【牡蠣産地レポート】東日本大震災から甦れ!壊滅的被害を受けた三陸牡蠣再生を目指すプロジェクト

三陸沿岸 牡蠣産地レポート

宮城県石巻 雄勝

2011年9月11日 復興応援祭 in 雄勝

雄勝 復興応援祭

9月11日 三陸の宮城県内5箇所(唐桑・雄勝・牡鹿鹿立・万石浦・東松島)にて
市民団体のsweet treat 311さんと当プロジェクトの主催で、「三陸かき復興 合同応援祭」が開催されました。

sweet treat 311さんは、東日本大震災で被災した子ども達を支援する活動として民間企業や市民団体等と連携し、「パティシエの作ったケーキで被災地のこどもたちに笑顔を」他、様々な支援活動を行っています。(http://sweettreat311.org/
雄勝には、”新鮮熟成”銘柄和牛屋 竹福さんが来てくれました。

会場の水浜の仮設住宅エリアでは、竹福さんの特選黒毛和牛を使った贅沢ハンバーガーに舌鼓をうち楽しい催しとなりました。

メニュー
黒毛和牛使用 吟選ハンバーグ使用 ハンバーガー
フライドポテト
ワイン&ビール&ソフトドリンク

そして、この日は震災から丁度半年。
雄勝中学校では、卒業式が執り行われました。
そして、14:46 
雄勝中学校の校庭で、震災で犠牲になられた皆様への黙祷をお捧げした後、中学生による「輪太鼓」のセレモニーが披露されました。

雄勝 復興応援祭

実はこの太鼓は「和太鼓」ではなく「輪太鼓」なんです。

津波で流されてしまった和太鼓の代わりに、古タイヤにビニールテープをぐるぐる巻いて作った手作り太鼓です。太鼓のバチは100円ショップ買った麺棒を代用しています。
子どもたちは震災後、「復興輪太鼓」として練習に取り組んできました。
鎮魂のための太鼓の音が、雄勝の山々に響き渡っています。
心から、犠牲に遭われた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

雄勝 復興応援祭

壊れた校舎にむかい最後の校歌を唄う子どもたち。
周囲の涙を誘います。
Tシャツにプリントされている新たに校訓となった「たくましく生きよ」の言葉の通りに子どもたちが成長されることを祈ります。


震災直後の産地の様子
東日本大震災で被害・影響を受けている牡蠣産地マップ
東日本大震災の前後の産地比較写真
牡蠣産地レポート~復興への道のり
【最新】2013年11月現在の状況

 ⇒ 2013年9月の状況

 ⇒ 2013年3月の状況

 ⇒ 2012年8月の状況

岩手県宮古 

岩手県山田町 山田湾大沢

岩手県大船渡 赤崎

岩手県陸前高田 広田湾

宮城県気仙沼 唐桑

宮城県南三陸 志津川

宮城県南三陸 志津川

宮城県石巻東部 牡鹿(鹿立・福貴浦)

宮城県石巻東部 牡鹿(牧浜)

宮城県石巻東部 牡鹿(表浜)

宮城県石巻地区 牡鹿(蛤浜・折浜)

宮城県石巻 佐須浜

宮城県石巻万石浦

宮城県東松島 


Copyright © 2011 株式会社アイリンク

プロジェクト報告結果 応援メッセージ