【三陸牡蠣 買って応援!2015 「がんばらいん!宮城」 宮城産殻付牡蠣セット】東日本大震災から甦れ!壊滅的被害を受けた三陸牡蠣再生を目指すプロジェクト

三陸牡蠣 買って応援!2015 

「がんばらいん!宮城」 宮城産殻付牡蠣セット

三陸牡蠣の販売支援の新らしい形として、2014年から予約注文による買って応援牡蠣オーナーを始めました。
今年も、2015年秋~2016年冬のシーズン分の予約注文を承ります。

予約受付期間


「がんばらいん!宮城」殻付牡蠣 応援セット

がんばらいん、は、宮城の方言で「がんばってね」の意ですが、ニュアンスとしては柔らかい励ましの時に使います。
ぜひ、産地を励まし、応援していただけますようお願いします!


宮城県の気仙沼唐桑、南三陸志津川、石巻雄勝のいずれかの産地の牡蠣をお届けいたします。

手間隙を惜しまず一粒ずつ育てます

気仙沼唐桑
唐桑の海域は、「森は海の恋人」活動で有名な植樹活動を、20年以上前から気仙沼大川の水源地の室根山で行い、奇祭で有名な室根祭りに牡蠣を献上したり、海水を献上したりしてきました。

唐桑の牡蠣が最も美味しいのは年を越したあたりから初夏までの時期です。
この時期の牡蠣をぜひ召し上がっていただきたいと思います。唐桑では、今まで漁業者ごとに異なる方法で育てていた養殖方法を見直しして震災後は全漁業者が「耳吊り」「温湯処理」「ネット養殖」を行い品質の安定をはかっています。
(写真:唐桑の耳吊りされた牡蠣、一つ一つをテグスで吊るします)

三陸志津川

南三陸志津川

種苗の選定から始まり、間引き、ネット入れ、真夏の湯温処理と大変丹精を込めて育てています。
これらの作業は、手間暇がかかりますが身入りの向上のためにかかせない作業です。
牡蠣は延縄式(はえなわしき)で、牡蠣を株の状態で水揚げした後、選別して、ネット(網籠)に入れて、再度海に戻しています。牡蠣筏(いかだ)では、選別後の牡蠣をおよそ大きさを分けて、ネットに入れて育てています。

漁場の面積に対して、適正な量を育てることで栄養がいきわたり身入りもよく品質も安定した良い牡蠣が育ちます。
(写真:志津川のカゴ入れの様子)


生産者さんからのメッセージ

【気仙沼唐桑の生産者さんからのメッセージ】

東日本大震災を乗り越え、新しく生まれ変わった「唐桑産もまれ牡蠣」は私達漁業者だけでなく応援していただいている「かきファン」の皆さん全てで作り上げた物です。
どうぞ皆さんで生まれ変わらせた牡蠣を味わってください。

【南三陸町 志津川の生産者さんからのメッセージ】

震災直後より皆様のあたたかいご支援を頂き感謝申し上げます。
私どもの生産組合の復興状況は漁場・加工施設とも100%復旧いたしましたが、販売はまだまだこれからです。
どうぞよろしくお願いいたします。
年に1度は、志津川の牡蠣を食べてくださる「志津川の牡蠣ファン」が10000人になることを目指してがんばっています!

【雄勝の生産者さんからのメッセージ】

震災の支援ありがとうございました。新しい漁業の形をめざしてチャレンジしています。
夏もおいしい牡蠣を出荷しています。応援よろしくお願いします。

 

志津川産 殻付牡蠣

(写真: 志津川産 殻付牡蠣)

予約注文はこちら

【がんばらいん!宮城 殻付牡蠣 応援セット カキナイフ付き】
※受付は締切となりました


唐桑産 殻付牡蠣 応援セット
志津川産 殻付牡蠣 応援セット
雄勝産 殻付牡蠣 応援セット

お申し込みの前に必ずご確認ください
■セット内容 殻付牡蠣 20個 (生食用)
(唐桑産、志津川産、雄勝産のいずれかより発送)
カキナイフ 1本、 パンフレット(剥き方ガイド)
■サイズ 唐桑産のみ、サイズ混合(もまれ牡蠣(2年物))になります。
他2産地はLサイズ(2年物)
■採取海域 宮城県(気仙沼市唐桑海域、本吉郡南三陸町志津川海域、石巻雄勝湾海域)
■お届け時期 2015年11月~発送予定分の予約注文です
出荷可能時期:2015年11月~2016年3月
■その他重要事項 ・産地の出荷体制により、土日祝日、年末年始は出荷ができません。
・数量確保のため、全て前払いとなります。
・基本的にキャンセルは致しかねます。
・衛生検査の結果でご希望日にお届けできない場合は予めご連絡いたします。

  ページの先頭へ戻る
 

応援オーナー募集
生産者応募
復興かきをまだ受け取っていないオーナー様はご連絡下さい
齋藤浩昭のtwitter
齋藤浩昭のブログ
  • 齋藤浩昭ブログ

Copyright © 2011 株式会社アイリンク

プロジェクト報告結果 応援メッセージ