【三陸牡蠣 買って応援!2015 「がんばっぺし!岩手」 岩手産殻付牡蠣セット】東日本大震災から甦れ!壊滅的被害を受けた三陸牡蠣再生を目指すプロジェクト

三陸牡蠣 買って応援!2015 

「がんばっぺし!岩手」 岩手産殻付牡蠣セット

三陸牡蠣の販売支援の新らしい形として、2014年から予約注文による買って応援牡蠣オーナーを始めました。
今年も、2015年秋~2016年冬のシーズン分の予約注文を承ります。

予約受付期間

大船渡赤崎

岩手の名産地「赤崎」「山田湾」

岩手県の大船渡赤崎、山田町山田湾のいずれかの産地から大振りなLサイズの牡蠣をお届けいたします。
築地市場でも大変評価の高い岩手産の殻付牡蠣は、どの産地も、温湯処理やカゴ入れ等の身入りをよくする工夫をして育てています。

かご(ネット)に入れる「温湯処理」
牡蠣は牡蠣筏(いかだ)に吊るし、海の自然の栄養でじっくり育てられますが、畑に雑草があると栄養が作物にいかないように、牡蠣のまわりにも昆布など他の生物が付着します。
育成の途中に、お湯にくぐらせて牡蠣に付着した生き物を弱らせて牡蠣からはずします。 牡蠣は元々強いので殻をギュッと閉じることで貝柱が強くなるメリットもあり、弱い個体を選別することもできます。

じゃまな海藻や雑貝に栄養を横取りされずに、栄養分をしっかり取り込むことができます。

(写真:赤崎の温湯処理の様子、お湯に漬けた事で海藻が緑色に変化しています。)

山田湾 温湯処理

「耳吊り」
海中を浮遊している牡蠣の幼生をホタテの殻に付着させた種牡蠣を数珠つなぎの状態でロープに挟み込み牡蠣いかだに吊るして成長させます。ホタテの殻に多い時で20個ぐらいの牡蠣が付着していますが、その塊のままだとお互いに成長の邪魔をしあって大きく、カップも深く成長することができなくなり、殻の形も歪つになってしまいます。

そこで、成長の途中で塊をばらしてカゴ(ネット)に移し替えたり、1個1個をテグスでロープに留めて垂下(耳吊り)して生育させることで身入りを良く形もよくなるようにしています。耳吊りでは、蝶番部分にドリルで穴を開けてテグスを通して吊る場合や、特殊なセメント等を使いロープに固定する場合があります。

(写真:山田湾 株をばらした牡蠣の様子、手作業でも海藻などをはずします。)


生産者さんからのメッセージ

【大船渡赤崎 の生産者さん達からのメッセージ】

全国の皆様からの復興支援に心より感謝致します。常に品質の向上をはかりより良い養殖方法を模索していき、高齢化などの問題もありますが、若い人たちがやってみたくなるような仕事にしていきたいと思います。

東京築地でも認知度の高い赤崎の牡蠣ですが、今後もそのブランドに恥じない牡蠣を作っていきます。

赤崎の牡蠣は、濃厚で身入りの良いのが特徴です。生産者がしっかりと手をかけているので殻いっぱいに身が入って品質が安定しています。

東日本大震災で壊滅的な被害にあいましたが津波によって海底の泥などがさらわれ綺麗になったことと、湾口の防波堤が決壊したままになっているため海水の循環量が増え、今まで以上に良い牡蠣ができています。
今後ともよろしくお願いいたします。

【山田湾の生産者さんからのメッセージ】

震災後は、「温湯処理」や「耳吊り」などの養殖方法を取り入れて、身入り、殻の大きさ、殻の深さなど他の有名産地に引けを取らない身がパンパンに入った牡蠣を作ろうと手間を惜しまず育てています。
今までの山田湾の牡蠣のイメージを払拭するような品質を追求した牡蠣を育てようと取り組んでいます。

様々な形で全国からいただいた支援に感謝します!
今後も山田の牡蠣を食べて復興を応援してください!

 

赤崎産 殻付牡蠣
(写真:赤崎産 殻付牡蠣)

 

予約注文はこちら

「がんばっぺし!岩手」 岩手産 殻付牡蠣セット(カキナイフ付き)
※受付は締切となりました

赤崎産 殻付牡蠣 応援セット

山田湾 殻付牡蠣 応援セット

お申し込みの前に必ずご確認ください
■セット内容 殻付牡蠣 20個 (生食用)
(赤崎産、山田湾産のいずれかより発送)
カキナイフ 1本、 パンフレット(剥き方ガイド)
■サイズ Lサイズ(2~3年物)
■採取海域 岩手県(大船渡市赤崎海域、、下閉伊郡山田湾海域)
■お届け時期 2015年11月~発送予定分の予約注文です
出荷可能時期:2015年11月~2016年3月
■その他重要事項 ・産地の出荷体制により、土日祝日、年末年始は出荷ができません。
・数量確保のため、全て前払いとなります。
・基本的にキャンセルは致しかねます。
・衛生検査の結果でご希望日にお届けできない場合は予めご連絡いたします。

    ページの先頭へ戻る
 

応援オーナー募集
生産者応募
復興かきをまだ受け取っていないオーナー様はご連絡下さい
齋藤浩昭のtwitter
齋藤浩昭のブログ
  • 齋藤浩昭ブログ

Copyright © 2011 株式会社アイリンク

プロジェクト報告結果 応援メッセージ